ReonViewin'S HOBBY LABO

日頃の趣味活動について-最近物忘れが多くなったので忘れないための記録。一覧メニューは下の方にあります


Unityの記事   3Dプリンタの記事   CorelDRAW(HSX7)の記事   MovieStudio13の記事   その他の記事

nuro光工事


ネット回線をnuro光に変えようと、申し込みをしてだいぶたちました

順調に第一回工事が終わり

第二回目の工事もまもなくです。

第一回目から第二回目まで、かなり空くのかと思ったら

めちゃくちゃ早かった。

ありえないスピード。

驚きました。

業者さんが言うには、運がよかったらしい!


とりあえず使ってみないとわからないけど

これで、Unityのバージョンアップとか、問題なくなるかなぁ~~







上記の画像から登録するとクレジットカードが必要なので要注意です。

https://www.nuro.jp/

ここからだと電話対応もありそうです。


もうそろそろ開通なので開通したら、
実測した速さなどを書きたいと思います。


関連記事
  1. 2016/11/30(水) 21:31:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font フォントづくり ひらがな


カタカナ基本系はできたので
現在、ひらがなを作っています。

平仮名は、形が複雑なので

かなり作るに時間がかかります。

カタカナがそろそろ終わるので

平仮名は、カタカナ以上の間隔が空くと思います。

それでも、アルファベット、カタカナ、ひらがなは、作りたいと思っています。


関連記事
  1. 2016/11/30(水) 21:17:50|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font030 フォントづくり ナ行


フォントを自作するために

元となる絵が必要になるので
それらを作ってみた。

今回は、

ナ行

InkScapeで作っているのですが
結構面倒・・・

で、作ったデータは、

font03001.jpg

font03002.jpg

font03003.jpg

font03004.jpg

font03005.jpg

です。

表示されているのは、.jpgです

必要なのは、.svgなのでこれを使うには変換する必要があります。


関連記事
  1. 2016/11/29(火) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Uni24 HitPoint表示 2


HitPoint表示 2

transform.rotation =player.transform.rotation;
プレイヤーの回転と同じにして、常むむきを一定にしてある

-------PlayerGui.cs----------
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class PlayerGui : MonoBehaviour {

    public GameObject labelPfb ;
    public int myHp;
    public GameObject labelNameObj;
    public Vector3 screenPos;

    // Use this for initialization
    void Start () {

        Vector3 screenPos = new Vector3 (0, 0, 0);

        GameObject labelNameObj = Instantiate(labelPfb,screenPos, Quaternion.identity) as GameObject;
        labelNameObj.transform.parent=transform;
        labelNameObj.transform.localPosition = new Vector3 (0, 2.3f, 0);
    
    }
    
    // Update is called once per frame
    void Update () {
    
    }
}
-------PlayerGui.cs----------

ラベルのプレファブ設定

VsShooting046.png



-------EnemyGui.cs----------
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class EnemyGui : MonoBehaviour {
    public GameObject labelPfb ;
    public int myHp;
    public GameObject labelNameObj;
    public Vector3 screenPos;

    // Use this for initialization
    void Start () {
        GameObject labelNameObj = Instantiate(labelPfb,screenPos, Quaternion.identity) as GameObject;
        labelNameObj.transform.parent=transform;
        labelNameObj.transform.localPosition = new Vector3 (0, 2.3f, 0);
    }
    
    // Update is called once per frame
    void Update () {
    
    }
}
-------EnemyGui.cs----------

VsShooting047.png


試してみると、以下のようになる

VsShooting048.png


関連記事
  1. 2016/11/28(月) 18:00:00|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font029 フォントづくり タ行


フォントを自作するために

元となる絵が必要になるので
それらを作ってみた。

今回は、

タ行

InkScapeで作っているのですが
結構面倒・・・

で、作ったデータは、

font02901.jpg

font02902.jpg

font02903.jpg

font02904.jpg

font02905.jpg

です。

表示されているのは、.jpgです

必要なのは、.svgなのでこれを使うには変換する必要があります。


関連記事
  1. 2016/11/26(土) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Uni23 HitPoint表示 1


HitPoint表示 1

HitPoint表示
LabelPfbという名前のオブジェクトを作る
Hierarchy>右クリック>CreateEmpty

prefab化する
HierarchyにあるLabelPfbを消す
Project>Assets>Prefabs>labelPfb
AddComponent>Mesh>MeshRenderer
AddComponent>Mesh>TextMesh

TextMeshのFontに、使用するFontを追加

に、labelDisp.csを追加する

VsShooting045.png

Hirarchy>PlayerにPlayerGui.cs
Hierarchy>EnemyにenemyGui.cs
を作る

-----labelDisp.cs-----------
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class labelDisp : MonoBehaviour {

    GameObject player;
    public int myHp;

        // Use this for initialization
        void Start () {
        player = GameObject.Find("Player");
            //親オブジェクトを確認
        Vector3 parentsPosX = gameObject.transform.parent.position;
        Debug.Log ("親ポジション"+parentsPosX);

        if (gameObject.transform.parent.tag == "Player") {
            myHp = gameObject.GetComponentInParent().MyHitPoint;
        }

        if (gameObject.transform.parent.tag == "Enemy") {
            myHp = gameObject.GetComponentInParent().MyHitPoint;
        }
        }

        // Update is called once per frame
        void Update () {
        if (gameObject.transform.parent.tag == "Player") {
            myHp = gameObject.GetComponentInParent().MyHitPoint;
        }

        if (gameObject.transform.parent.tag == "Enemy") {
            myHp = gameObject.GetComponentInParent().MyHitPoint;

            //カメラの向きと合わせると、常に正面を向く
            transform.rotation =player.transform.rotation;

        }
            GetComponent ().text = myHp.ToString();
        }
        
}
-----labelDisp.cs-----------


関連記事
  1. 2016/11/24(木) 18:00:00|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font028 フォントづくり サ行


フォントを自作するために

元となる絵が必要になるので
それらを作ってみた。

今回は、

サ行

InkScapeで作っているのですが
結構面倒・・・

で、作ったデータは、

font02811.jpg

font02812.jpg

font02813.jpg

font02814.jpg

font02815.jpg

です。

表示されているのは、.jpgです

必要なのは、.svgなのでこれを使うには変換する必要があります。

今回は作り方も。

inkscapeのウインドウで、左側にあるアイコンをクリックして
font02801.jpg

下の段の枠で文字の形を作って、上の段の枠に入れようと考えていたのですが
結局 いちいちコピーするのが面倒なので
直に上の段で作っています。

とりあえず、ざっと書きました
font02802.jpg


font02804.jpg
のアイコンをクリックして大きさ修正
font02803.jpg

次に 
font02805.jpg
のアイコンで、形を調整していきます。

下図のように、修正する部分にドラッグして修正。
font02806.jpg
もしくは、クリックしてカーソルキーで調整します
font02807.jpg

色は下部にある
font02808.jpg
で、つけることができます。

タとかは、少し難しいです。


関連記事
  1. 2016/11/23(水) 18:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font027 フォントづくり カ行


フォントを自作するために

元となる絵が必要になるので
それらを作ってみた。

今回は、

カ行

InkScapeで作っているのですが
結構面倒・・・

で、作ったデータは、

font02701.jpg

font02702.jpg

font02703.jpg

font02704.jpg

font02705.jpg

です。

表示されているのは、.jpgです

必要なのは、.svgなのでこれを使うには変換する必要があります。


関連記事
  1. 2016/11/20(日) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Uni22 球が当たったら、消える 3


球が当たったら、消える 3

Enemyオブジェクトを
-----EnemyMove.cs--------------------------------------
void Update () {}に
-------------------
//MyHitPointが0より少なくなったら消える
if (MyHitPoint <= 0) {
enemyState = State.Died;
GameObject.DestroyObject (gameObject);//自分が消える
}
-------------------
を追記。

void OnCollisionEnter(Collision other){
}
とりあえず、使わないので中身を削除


次は、相手の攻撃の処理です。
自分の攻撃と同様に

---------enemyBullet.cs-----------------
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class enemyBullet : MonoBehaviour {
private int MyAttackPoint=5;
private int otherHitpoint;
private int otherDiffencePoint;
private int otherAttackPoint;

// Use this for initialization
void Start () {
}

// Update is called once per frame
void Update () {
}

void OnCollisionEnter(Collision other){
if (other.gameObject.tag == "Player") {
otherHitpoint = other.gameObject.GetComponent ().MyHitPoint;
otherDiffencePoint = other.gameObject.GetComponent ().MyDiffencePoint;
otherAttackPoint = other.gameObject.GetComponent ().MyAttackPoint;
otherHitpoint = otherHitpoint + otherDiffencePoint - MyAttackPoint;
Debug.Log ("HP "+otherHitpoint+" my "+MyAttackPoint+" AP "+otherAttackPoint);
other.gameObject.GetComponent ().MyHitPoint = otherHitpoint;
}
GameObject.DestroyObject (gameObject);
}
}

---------enemyBullet.cs-----------------

PlayerController.csのvoid Update(){}に

//MyHitPointが0より少なくなったら消える
if (MyHitPoint <= 0) {
GameObject.DestroyObject (gameObject);//自分が消える
}

を追記する。

確認をすると、自分のHitPointがゼロになると、画面がおかしくなる
ので

VsShooting043.png


今のところは、
GameObject.DestroyObject (gameObject);//自分が消える
の行をコメントアウトしておく


関連記事
  1. 2016/11/20(日) 18:00:00|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font026 反省と改良点


作ってみてまず思ったことは、かなり太さと大きさがまちまち・・・

アルファベットで、これだと、カタカナ・平仮名は・・・

とんでもないことになると思い。

今までは、ひとつづつ異なるファイルで作っていたのを

一つのファイルで、大きさを確認できるようにして

作ることにした。

基本的な箱を作る。

font02601.jpg

同じようにして

箱を並べていく

font02602.jpg

横に5つ並べて、下の2つは、確認用。
でも、作っているうちに、下の枠は使わなくてもよくなってしまった。

font02603.jpg

そうなんでけど、とりあえず、アの文字を作る。
細かい作り方は、後日書きます。

font02604.jpg

上の5つの枠の左にコピー

「イ」、「ウ」も作る

font02605.jpg

カタカナは曲線がないので、サクサクと量産できます。

「エ」、「オ」も作ると

font02606.jpg


関連記事
  1. 2016/11/17(木) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Uni21 球が当たったら、消える 2


球が当たったら、消える 2

次に、PlayerBulletがEnemyに当たったら、Enemyが消えるようにする

PlayerBulletオブジェクトのスクリプトを使ってもできるのですが
あとあとEnemyの体力などのパラメーター考えたときのために
Enemyオブジェクトの方に記述します

EnemyMove.csに
void OnCollisionEnter(Collision other){
if (other.gameObject.tag == "Bullet") {
GameObject.DestroyObject (gameObject);//自分が消える
}
}
を、追記する。PlayertBulletが当たるEnemyが消えるようになる。

単純当たると消えるだけだと、面白みもないので
初めの体力が、球が当たると減って最後に消えるというふうにする

PlayerとEnemyのオブジェクトに
public int MyHitPoint=20;
public int MyAttackPoint=1;
public int MyDiffencePoint =1;

PlayerBulletオブジェクトを
------playerBullet.cs-----------------------------------
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class playerBullet : MonoBehaviour {
private int MyAttackPoint=3;
private int otherHitpoint;
private int otherDiffencePoint;
private int otherAttackPoint;

// Use this for initialization
void Start () {
}

// Update is called once per frame
void Update () {
}

void OnCollisionEnter(Collision other){
if (other.gameObject.tag == "Enemy") {
otherHitpoint = other.gameObject.GetComponent ().MyHitPoint;
otherDiffencePoint = other.gameObject.GetComponent ().MyDiffencePoint;
otherAttackPoint = other.gameObject.GetComponent ().MyAttackPoint;
otherHitpoint = otherHitpoint + otherDiffencePoint - MyAttackPoint;
other.gameObject.GetComponent ().MyHitPoint = otherHitpoint;
}
GameObject.DestroyObject (gameObject);
}
}
--------------------------------- playerBullet.cs --------

と設定する


関連記事
  1. 2016/11/16(水) 18:00:00|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font025 自作したフォントをインストール


前回作った「○○○○.ttf」というファイルを開く。

font02501.jpg

シングルもしくはダブルクリックで、表示する

左上にある、インストールボタンをクリック

font02502.jpg

これで、PCにインストールされるので、

ワードなどで、自作したフォントが使えるのか確認

font02503.jpg

通常のように、フォントを切り替えて

文字を打てば、

自分で作ったフォントで表示されます。

font02504.jpg


空白が目立っているので、それも何とかしないといけないかも?


関連記事
  1. 2016/11/14(月) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Uni20 球が当たったら、消える 1


球が当たったら、消える 1

次に、球が、何かに当たったら消えるようにする
Project>Assets>PrefabsのPlayerBulletを選択
playerBullet.csというscriptを作り

void Update () {}の下に

void OnCollisionEnter(Collision col){
GameObject.DestroyObject (col.gameObject);//当たった相手が消える
GameObject.DestroyObject (gameObject);//自分が消える
}

を追記すると、
playerの球が触れたものと球自体が消えるようになります

VsShooting036.png

EnemyとBulletにもTagを設定する

新しくTag名を設定するため、
どのオブジェクトでもいいので選択して
Inspector>Tag>AddTagをクリック

Tagsの+マークをクリック
VsShooting037.png

NewTagを消してEnemy
VsShooting038.png
同じように、Bulletも作る

VsShooting039.png

Hierarchy>Enemyを選択して Inspector>TagをEnemy

VsShooting040.png

PrefabのEnemyBulletとPlayerBulletのTagをBulletにする

VsShooting041.png
VsShooting042.png

playerBullet.csを、
当たったら、PlayerBulletオブジェクトだけ消えるようにする
void OnCollisionEnter(Collision col){
GameObject.DestroyObject (gameObject);//自分が消える
}

VsShooting043.png

同様にEnemyBulletにenemyBullet.csを作り
void OnCollisionEnter(Collision col){
GameObject.DestroyObject (gameObject);//自分が消える
}
を追記します。

Enemyの球も、何かに当たると消えます

つづく


関連記事
  1. 2016/11/12(土) 18:00:00|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font024 fontforgeでフォントを自作する2



font009 でおこなったようにして、作った画像をすべて並べると

font02401.jpg

のようになる。全部並べてみると、太さがバラバラなのが

気になるところだけど、

一回目なので、とりあえず

このままにして、作ってみることにする。

修正は、次回以降で行おうと思う。


日本語関係は、文字数がたくさんあるので

そのうちひらがな、カタカナは作りたいと思いますが

漢字は・・・かなり個人で作るのは難しいかも???

以前、作ろうとしたら挫折しました。


エレメント→フォント情報
font02402.jpg
PS Nameのフォント名などを変更し
font02403.jpg

フォントを作るには

ファイル→フォント出力

font02404.jpg


ファイル名などを変更して、生成をクリック
font02405.jpg


エラーメッセージが出ても気にせず 生成

作られたファイルをダブルクリック

インストールを押せば、Windowsで使えるようになります。



関連記事
  1. 2016/11/11(金) 18:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font023 フォントづくり 記号7


フォントを自作するために

元となる絵が必要になるので
それらを作ってみた。

今回は、

<>・ ・・・

InkScapeで作っているのですが
結構面倒・・・

で、作ったデータは、

font02301.jpg

font02302.jpg

font02303.jpg

です。

表示されているのは、.jpgです

必要なのは、.svgなのでこれを使うには変換する必要があります。


関連記事
  1. 2016/11/09(水) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

uni19 敵球自動発射 索敵スクリプト


敵球自動発射 索敵スクリプト

ーーーーーSearchAreaーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class SearchArea : MonoBehaviour {
EnemyMove enemyState2; //コンポーネントの名前を入れる

// Use this for initialization
void Start () {
enemyState2 = transform.parent.GetComponent ();
}

// Update is called once per frame
void Update () {
}

void OnTriggerEnter(Collider other)
{
if (other.gameObject.tag == "Player") {
enemyState2.enemyState = EnemyMove.State.Attacking;
enemyState2.enemyTime = enemyState2.shootingBaseTime;
} else {
enemyState2.walkMuki = 2;
}
}

//OnTriggerStayでも大丈夫だけど一瞬すぎるからダメかも?
void OnTriggerExit(Collider other)
{
if (other.gameObject.tag == "Player") {
Debug.Log (other.gameObject.tag);
enemyState2.enemyState = EnemyMove.State.Waiting;
} else {
enemyState2.walkMuki = 2;
}
}
}
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

if (other.gameObject.tag == "Player") {
当たったオブジェクトのTagがPlayerだったら

transform.parent.GetComponent ();
このオブジェクトの親のEnemyMove

EnemyMove enemyState2;
コンポーネントの名前を入れる

これで、searchArea内に入った時攻撃を始めるようになります

VsShooting035.png


関連記事
  1. 2016/11/08(火) 18:00:00|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font022 フォントづくり 記号6


フォントを自作するために

元となる絵が必要になるので
それらを作ってみた。

今回は、

'"\+・・・

InkScapeで作っているのですが
結構面倒・・・

で、作ったデータは、

font02201.jpg

font02202.jpg

font02203.jpg

font02204.jpg

font02205.jpg

です。

表示されているのは、.jpgです

必要なのは、.svgなのでこれを使うには変換する必要があります。


関連記事
  1. 2016/11/07(月) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font021 フォントづくり k記号5


フォントを自作するために

元となる絵が必要になるので
それらを作ってみた。

今回は、

`{|}~・・・

InkScapeで作っているのですが
結構面倒・・・

で、作ったデータは、

font02101.jpg

font02102.jpg

font02103.jpg

font02104.jpg

font02105.jpg

です。

表示されているのは、.jpgです

必要なのは、.svgなのでこれを使うには変換する必要があります。


関連記事
  1. 2016/11/05(土) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

uni18 敵球自動発射


敵球自動発射

手動で、Attachingにしていたものを
PlayerがSearchArea内に入ると、攻撃を始めるという行動を追加する

Hierarchy>Enemy>SearchAreaを選択し
inspector>AddComponent>NewScriptに
SearchArea.csという名前のファイルを作り、Project>Assets>Scriptsに入れる

VsShooting031.png
VsShooting032.png



作ったファイルを開きます。

void Update () {}
下に枠内に入った時、出た時を認識するスクリプトを追記

//入った時
void OnTriggerEnter(Collider other){
}
//出た時
void OnTriggerExit(Collider other){
}

これだけだと、あったもの全てに反応してしまうので
tagを付けて識別する
Hierarchy>Playerを選択しInspectorの、Tagの右側をPlayerに変更

VsShooting033.png
VsShooting034.png




関連記事
  1. 2016/11/04(金) 18:00:00|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font020 フォントづくり 記号4


フォントを自作するために

元となる絵が必要になるので
それらを作ってみた。

今回は、

@[]^_・・・

InkScapeで作っているのですが
結構面倒・・・

で、作ったデータは、

font02001.jpg

font02002.jpg

font02003.jpg

font02004.jpg

font02005.jpg

です。

表示されているのは、.jpgです

必要なのは、.svgなのでこれを使うには変換する必要があります。


関連記事
  1. 2016/11/03(木) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

font019 フォントづくり 記号3


フォントを自作するために

元となる絵が必要になるので
それらを作ってみた。

今回は、

-/:;?・・・

InkScapeで作っているのですが
結構面倒・・・

で、作ったデータは、

font01901.jpg

font01902.jpg

font01903.jpg

font01904.jpg

font01905.jpg

です。

表示されているのは、.jpgです

必要なのは、.svgなのでこれを使うには変換する必要があります。


関連記事
  1. 2016/11/01(火) 18:00:00|
  2. Font
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
top
Unityでゲーム
uni01 シューティングゲーム
Uni37 迷路ゲームつくってみよう!001
Unityを使ってVR?(たぶん)

Uni補足0101 オブジェクトの非表示について考えてみる01
Uni補足0201 Prefab作成表示
Uni補足0301 パーティクルを表示させる
Uni補足0401 Unityで外部テキストファイルを読み書きしてみる。
Uni補足00412 Unityで外部画像ファイルの読み出し
Uni補足00414 Unityで画像ファイルの書き出し
Uni補足00415 指定したフォルダからの読み込み

top
3Dプリンタ
blenderで、3D文字を作る
文字と他のオブジェクトを合体させる
blenderで日本語文字を入力
blen004 引き出しボックス①
blen005 仕切り版の支えを作ってみた。まだ片方だけ・・・
blen006 スマホスタンドつくってみた。01
blen008 作ってみたら、思ったのとかけ離れた
blen009 コルクボード小物
top
Movie Studio 13
Movie Studio 13 Platinum アフレコ
Movie Studio 13 Platinum その1
Movie Studio 13 Platinum その2
Movie Studio 13 Platinum その3
Movie Studio 13 Platinum その4
Movie Studio 13 Platinum その5
Movie Studio その6 クロマキー合成
Movie Studio その7 音声変更(仮)
top
Font作り
いまさらだけどFONT作り
Inkscapeで初期設定
InkScape→FontForge→Font
top
イラスト
イラスト
LineStamp

広告1


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

Reon

Author:Reon
いつもゴロゴロしながら
リアル育成ゲームをしている
変わったいきもの
特徴:黒い・昼行性に移行中
口癖:眠い・体が痛い
特殊能力:気象変動が数日前にわかる(ピンポイントではない)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも一覧


Xジェンダー・Life

オジサンだって頑張れば出来るもん!!

おひさま大好き♪縁側日記

北海道・札幌・ススキノの楽しみ方!

くろねの日記ブログ

ネットで稼ぐ。空いた時間で小遣いゲット♪

さんすうメルマガのブログ

岳の日記ブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

プラグインお試し